桜井興産株式会社
ホーム 会社案内 事業案内 採用情報 製品サンプル
本社/素材部門
>ホーム >事業案内 >本社/素材部門
>本社工場-素材部門 >本社工場-製品部門 >荒子工場 >品質保証システム  
本社工場・素材部門では、棒鋼の連続焼入炉と都市ガスを熱源とする温度分布に優れた焼戻し炉を中心に、バッチ式焼なまし・焼ならし炉や焼入炉、ステンレス綱などの固溶化処理炉などを設置。構造用特殊鋼はもちろん、原子力関係の素材まで幅広い熱処理を可能にしています。棒鋼素材はもちろん、ネジやボルトなどの小物鍛造品の熱処理能力も充実。材質・形状を問わずあらゆる素材需要に応えると同時に、オートメーション化などによる生産体制の合理化・迅速化も積極的に進めています。
主要設備
連続式焼入炉
直火式コンベヤ型の連続焼入炉。外径14〜80o長さ3.5〜6.0mの丸棒の連続焼入れが可能です。材料は回転しながら加熱されるため焼きムラが少ないのが特長。また焼入れ時には1本づつ転がしながら槽内に投入するため、均一な焼入れ組織が得られます。
直火式高温炉
2トン用バッチ式高温炉4台・低温炉1台を設置。小物の鋳・鍛造品の焼入焼戻し及び、焼きならしに最適です。
直火式高温炉
最大長5mまでの長尺物の油焼入れを行います。鋳・鍛造品、機械加工品は網トレイに載せられて慎重に熱処理されます。
Copyright(C) 2006 SAKURAI KOSAN Co., Ltd. All right Reserved.